牡蠣の貝殻の効能 | 漢方薬の効能

漢方薬の効能

漢方薬に使用される薬草の種類とそれぞれの効能の効能

牡蠣の貝殻の効能

牡蠣の貝殻の効能

漢方の一種で牡蠣の貝殻というものがあります。

牡蠣と表示しますが、読み方は「カキ」ではなく「ボレイ」と読む漢方です。

牡蠣の貝殻を700度の高温で焼いて副作用を起こさないようにします。
さらに焼くことで、効能も高まるのです。

牡蠣の貝殻の効能は、気分の不安定さやストレスなどから解消してくれるもので、自律神経の亢進を押さえる働きがあります。

これにより、自律神経の乱れが原因で耳鳴りや雑音に悩む方にも効果的な漢方だといえます。

また、胃酸過多の症状がある人の治療にも用いられる漢方薬です。

牡蠣の貝殻と同じく、自律神経の乱れによる雑音を解消してくれる漢方が蜂の子です。

蜂の子はその名の通り、蜂の子供で、生後21日の蜂の子の中でもオスの蜂だけを取り出し、丁寧に粉末にし飲みやすくカプセルに詰めたものが、蜂の子ゴールドと言う商品です。

必須アミノ酸を豊富に含んでいるために、減塩おせち同様身体に優しく、栄養価も高く、摂取することで雑音が解消できたという声も多数あります。

Copyright ©漢方薬の効能 All rights reserved.

ログイン